子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

折って、たたんで、持ち運べるホワイトボードの常識を壊す、アイディア創出のためのハイアナログツール【バタフライボード】

一人会議、メモ、アイディア創出、会議など、いろいろな場面で活用でき、しかも高性能・高機能なホワイトボードが存在します。

できるビジネスマンなら、ついつい興味を持ってしまいそうな、面白いホワイトボードを見つけたので、ご紹介します。

 

持ち運びが簡単な、ハイアナログツール「バタフライボード」

折って、たたんで、持ち運べて、いつでも、どこでもアイディア創出が可能なホワイトボード。それがバタフライボードです。

ホワイトボードの常識を壊したそのボードは、4枚のホワイトボードを「スナップ・バインディング・テクノロジー」という、極薄で強力でありながら、極性を意識せずに使えるマグネットヒンジにより誕生しました。

この特殊技術により、折りたたんでも、降っても、バラバラにならないホワイトボードができました。

ハイテクノロジーを搭載しながらも、折りたたんで持ち運びができ、手書きで直にかけるアナログ感が、男心をくすぐります。

 

バタフライノートの5つの特徴

バタフライノートには以下の5つの特徴があります。

  1. ノートより薄く、ノートより軽い
  2. 折りたたんで持ち運びでき、書くときは最大4倍の大きさまで拡張できる
  3. 汚れても洗える
  4. マグネットヒンジなので、金属にもくっつく
  5. 付属のクリアボードを使って、デジタル保存もキレイ

 

ノートより薄く、ノートより軽い

書いた内容も、デジタル保存すれば、バタフライボード1冊ですべてが済みます。余計な荷物も減って、素材も軽いので、持ち運びに便利です。

折りたたんで持ち運びでき、書くときはサイズを自由に拡張できる

折りたたんで持ち運びできるから、省スペース。また、一人会議、メモ、アイディア創出、会議など、使い方に合わせて、使用するサイズを変更できるから便利!

汚れても洗える

間違ってお茶や水をこぼしてしまっても大丈夫。紙じゃないからふやけたり、汚れる心配もありません。

マグネットヒンジなので、金属にもくっつく

マグネットヒンジなので、冷蔵庫や金属の入った壁などにもくっつくから、貼っていろいろ書くことができます。

付属のクリアボードを使って、デジタル保存もキレイ

書くところがなくなってしまったら、付属のクリアボードで写真をとれば、テカリなくきれいにデータを保存できます。ホワイトボードをきれいにしたら、何度でも使用でき、また新たなアイディアを書き出すことができます。

方眼だから、整理された綺麗なノートがとれる

方眼模様が印字されているから、情報を整理し、綺麗なノートを取ることができます。

 

まとめ

いかがでしたか?いろいろなホワイトボードがありますが、個人で使うにはもってこいのツールです。ipadでも情報のインプット、アウトプットは可能ですが、重いし、値段もかかります。その点、バタフライボードはリーズナブルで、なにより軽いのが嬉しいですね!使い方次第でコミュニケーションツールにもなるかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください