子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

失敗が怖い人の対処法

人間だれしも失敗が怖いものです。

しかし、失敗とはどういったことか?と問われると意外と答えられる人は少ないもの。

それは失敗という言葉を漠然と捉えてしまい、実は失敗が何か?がわかっていないことで、漠然とした不安に襲われていることが原因かもしれません。

今回はそんな失敗が怖いときのための対処法をお伝えします。

「失敗」に関する問題

失敗が怖い人は失敗の定義が広すぎることが問題です。

あれもだめだったら、これもだめだったら、一つ一つに失敗を当てはめていては、いつになっても、どれだけ準備していても「失敗」という評価しかくだせません。

せっかく大成功に終わった仕事やイベントがあったとしても、「あれがダメだった」と思うことで、「失敗だった」と評価してしまうことになりかねません。

「失敗」のとらえ方

「失敗」に対するとらえ方や考え方を変えることで、「怖さ」や「不安」を手放すことができ、また、先に「失敗」とは何かを定義しておくことで、冷静・客観的に物事をとらえることができるようになります。以下のポイントを見直し、「失敗」にたいする恐怖から解放されましょう。

  • 失敗だけは存在しない。経験が増えただけ
  • どんな条件が整ったら「失敗」なのか、先に定義しておく(それ以外は課題ととらえる)
  • 最大でどこまでリスクを取るか、事前に明確にしておく。
  • 最悪の状況を明確にイメージし、そこからの立て直しの成功ストーリーを描いておく。

まとめ

今回は失敗に対するとらえ方についてご紹介しました。

自分の「失敗」に向き合いましょう。

最後にこんな名言があるので、ご紹介します。

死ぬこと以外はかすり傷!(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください