子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

【DIY】アパートの洗面所が狭いので人気のディアウォールで棚を作ってみました。

アパートの洗面所って狭いですよねー。

何とか工夫をして、色々と収納してきたのですが、今回、家のルールと導線改善に伴って、洗面所に棚を作ることにしました。

久しぶりのDIYです!

我が家は賃貸なので、棚は最近はやりの「ディアウォール」を使った壁面収納棚をつくることにしました。

ちなみに、サイズはすごい微妙な2×6(ツーバイシックス)材を使います。

では、行ってみましょう!

制作イメージ

制作イメージを作ります。構想段階では、まだ必要な材料の洗い出しと、材料の寸法の確認をします。

このくらいの奥行で棚を作りたいと思ったとしても、市販されている材料とサイズが合わないと、余計に手間もお金もかかってしまうので、ここが重要です。

制作の半分以上は、このプランニングの段階で終了していると言えるでしょう。それほど、プランニングは大切です。

今回のイメージはこんな感じです。

洗面所のあらゆる場所を採寸しておきます。

材料

幅は2×6がちょうど良いので、ディアウォールも2×6(ツーバイシックス)の物を用意しました。ラブリコでも良かったのですが、ラブリコは2×6のサイズがなかったので、必然的にディアウォールになりました。棚板は3段のプランです。下にタオルかけと、ゴミ箱が収まるようにします。棚板の高さは実物をみながら高さを決めることにしました!

  • ディアウォール  2セット
  • 2×6 8F  2本(柱用)
  • 1×6 8F  2本(棚板)
  • L字金具  12個
  • さら木ネジ2.4×16mm  3セット
  • 突っ張り棒
  • ドライバーセットまたはでんど

電気ドリルがあると、ビス止めが素早くできます!

1.ディアウォールに合う長さにカットする

支柱にはディアウォールをつかいます。ディアウォールの裏面の説明書によると、長さは天井の高さ-45mmと記載があります。しかし、調べてみると-45mmだと、少し緩さがあるようです。-40mmがベストだけど、初心者は-43mmがおススメという記事をみかけたので、-43mmでカットすることにしました。

ちなみに中身は、ディアウォールとスペーサーが2枚入ってます。多少なら短く切りすぎてもスペーサーが補ってくれます。

2.ディアウォールを立てる

カットした木材にディアウォールをセットします。

これを洗面所の天井に合わせていきます。天井側から支柱を挟んでいきます。

同様にしてもう一本も差し込んで、いきます。

いい感じになりました!幅もバッチリです!あまり幅を取りすぎると流しまでの幅がなくなってしまうので、こんなものでしのう。

次に棚板をつけていきます。

3.棚板を取り付ける

棚板の幅は、計算上の長さよりだいぶ短くなりました。

壁際によせてディアウォールを設置したので、支柱の幅に加え、ディアウォールの厚み分、内幅が短くなったようです。棚板をつけるときは、支柱を立ててから採寸した方がズレがないですね。

棚板は1×6の木材を970mmの長さでカットします。取り付けはL字金具を一枚につき4つで固定していきます。棚板は3つなので、L字金具は12個、さら木ネジで止めていきます。

金具の穴径は3mmです。なので、さら木ネジのサイズは2.4×16mmでOKです。

写真撮り忘れましたが、最初に棚板に4つ金具をつけてから棚板を取り付けます。

ちなみに水平器が無い時は、iPhoneで代用ができます!本当にiPhone万能です!

色々アプリもありますが、今回は無料のアプリで、「水平器&水準器」を使用しました。普段はあまり使うことが無いので、使った後は削除しておけば、容量も無駄になりません。

3段全て設置しました!いい感じです!

高さは適当です汗

1段目と2段目の間はかなりスペースを取りました。あまりスペースが狭いと圧迫感がでてしまうので、使い勝手的にはどっちがいいか悩みどこですが、今回は見た目重視です!狭いので!

タオルを置いて完成です!とりあえず、家にあった麻紐で、抑えます!

写真を撮ったあとで見つけましたが、100均で売ってるつっかえ棒を取り付けたら、しっかり挟まってタオルも倒れずにいい感じでした。

てな訳で完成です!

完成!ビフォー・アフター

▼before

▼after

タオルを置くとこんな感じ↓

まとめ

初めてのディアウォールでしたが、本当にしっかり固定されるので、安心感がありましたね。

棚板は固定式にしましたが、予算があるなら、棚板の可変できる受け金具を支柱にセットしたり、穴を開けてダボで高さの可変ができるようにできると便利だと思います。

とりあえず、今回はこれでOKということで、また高さを変えたいなーって時にでもチャレンジしてみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください