子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

アクリル板で作る!洋服タンスの引き出し仕切りの作り方!

洋服ダンスの引き出しって、仕切りがないと無法地帯になるポイントの1つですよね。
特に子供の服は1つの引き出しにいろんな服をしまうので、仕切りがないと服が倒れてぐちゃぐちゃになってしまい、現状復帰にえらい労力がかかります。
でもタンスっていろんな種類のものがあって大きさや深さなど商品ごとでまちまち。整理の仕方や使い方も人それぞれなので、なかなかぴったりの仕切りって見つかりません。
ポムヒロはまさにそれで苦戦しました。存在感はほどほどに、倒れる洋服を支え、仕切りとしてフレキシブルに働いてくれて、それでいてコスパがよい仕切りはないか。探し求めた結果、たどり着いた答えは『JISAKU』でした。
はい、そうです。自作です。DIYです。
我が家ではニトリで買った洋服ダンス「Fits」にピッタリ合う、引き出しの仕切りを作ることにしました。
もし、自分のタンスにあう仕切りが見つからず、自作したい!という人は参考にしてみてください。
ピッタリ収まって、気持ちいいです!おすすめなので、ぜひ作ってみてください!

1.用意するもの

  • アクリル板
  • ダンボールなどの厚紙
  • カッター
  • 油性マジック
  • 定規
  • L字 ホワイトアングル
  • 両面テープ
  • プラスチックカッター(Pカッター)
必要な素材は上に書いてあるものです。
両面テープとPカッターが写真に写ってないのはごめんなさい。
あとから必要性に気が付きました。
なので、写真には乗ってませんが、必要なものです(汗
Pカッターは無くても大丈夫ですが、あった方が便利です。
普通のカッターだとアクリル板を切るのにめちゃくちゃ苦労します。
体感的な違いでいえば、Pカッターを使ったほうが10倍楽に切れます。

2.洋服ダンスの仕切りの作り方

では早速洋服ダンスの仕切りを作っていきます。

①引き出しのサイズを測る

まず最初に洋服ダンスの引き出しの中のサイズを測ります。
定規などで奥行、高さ、幅を測ります。
引き出しによってはホコリがとりやすいように角が丸まっていたり、引き出しの形が直角でないものもあります。
細かなところまで調整したい人は、角度も測っておくと良いかもしれませんね。

②サンプルを作る

最初からアクリル板を使って失敗したんじゃ時間も労力も無駄になってしまいますから、まず最初に段ボールなどの厚紙で仮の仕切りを作ります。
ポムヒロの家の洋服の引き出しは若干上側が広く、斜めになっています。急な角度ではないので、アクリル板は垂直に四角に切った後に、L字アングルを斜めに接着して、角度を調整したいと思います。
③アクリル板をカットする
次にカッターまたはPカッターでアクリル板を切っていきます。
アクリル板は固いので何回も何回もカッターで切っており進めていく必要がありますが、pカッター言う道具を使えば、簡単に切ることができます。
カッターだと切ったときに、切り口の両サイドに山ができてしまい、デコボコしていまいます。
しかし、pカッターは表面を削り取っていくような形で掘り進めいき、
半分近く進んだらアクリル板をポキっとおるので、きれいに仕上がります。
左:カッターでカット 右:Pカッターでカット
切り口もきれいだし、何より無駄な労力がかからないのが一番のメリットです。
カッターの10倍楽に切れます。
イメージでいえば、ひっかいて削っていく感じですかね。「切る」というより「引っ張る」という感じなので、楽です。
ちなみにプラスチックカッターは、小さいサイズ、大きいサイズ、中に収納できるものなど、いろいろな種類があるので、切るものの大きさや便利さで選ぶと良いでしょう。
④L字アングルをカットする
次にL字のホワイトアングルもカットしていきます。
同じ長さにカットします。

④両面テープで貼り合わせて完成!

 
材料が全てカットし終わったらL字ホワイトアングルの片面に両面テープを貼っていきます。
そして、それをカットした仕切りのアクリル板の両サイドに貼っていきます。
両側でサンドイッチするように挟み込む形で倒れないようにします。
⑤洋服ダンスの仕切りが完成!
完成しました!
早速洋服ダンスに仕切りを入れていきます。
お、ちょうどいい感じに収まりました!
サイズもピッタリです。
ほどよくたわむので洋服がぎゅうぎゅうになることもなくフレキシブルに収納ができます。

まとめ

それなりにいい感じにできたんではないかと思います。
仕切りを作ることで洋服も倒れなくなりました。
気になる点としては、洋服の整理などが静電気で繊維がつきやすいっていうのところですかね。それ以外は特に問題はないですね。
最後に各列のラベルを貼ってどこに何をしまうか明確にしておきます。
これでどこに何を収納したらいいかわかりやすくなったので、片付けがスムーズに行き、乱れも少なくなるはず!
もし気になった方がいたら試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください