子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

イケアのALEXでオシャレなホームオフィスを実現!2LDKにホームオフィスを作ろう!

私が良く使っているアプリの一つにRoomCripというアプリがあります。

その中でもKatsuraさんという方のインテリアが非常に素敵で、私もぜひあの部屋を!と思い、イケアのALEXシリーズのデスクを導入しました。

見た目、使い勝手等、購入を検討されている方の参考になればと思います。

 

目指すはオシャレなホームオフィス!2LDKでもいいじゃないか!

もう何年も前から参考にさせていただいてるKatsuraさんのインテリア。ナチュラル系の非常にオシャレで素敵なお部屋です。

しかも使い勝手もよさそうで、何より写真が素敵なのです。

そんなKatsuraさんのお部屋の中でも私が特に気になったのが、イケアのデスクたち。

 

見てください!素敵じゃないですか!?

こんな素敵なんじゃ一目惚れしちゃうじゃないですか!!

壁一面にスッキリと並んだデスクは、見た目だけでなく、実用性もありそう!ということで、ツマと相談の後、購入が決定しました。

ちなみに、

ツマもポムヒロも会社in!しています。サラリーマンです。

ホームオフィスなんてほぼ不要なのですが、書斎ってあると何かと便利なんですよね。何より集中できる。

 

ALEXの良いとこ、ダメなとこ。

さっそくALEXを導入しました。

今回導入した素材はこんな感じです。

  • LINNMON / ALEX 引き出しユニット,ホワイト×2 amazon>
  • LINNMON / ALEX 収納ユニット,ホワイト×1 amazon>
  • LINNMON / テーブルトップ ホワイト×2 amazon>

金額もそこそこしましたが、二人分のデスクと収納があると考えれば妥当なお値段です。

そして、肝心のお部屋がこんな感じに仕上がりました。

非常にスッキリして気持ちがいいです!あとはデスクライトをどうにかして、横の物置となっているモノたちもどうにかすれば、ちょっとはましでしょうか?

肝心の使い勝手は?というと、いい感じです!次で細かいところご紹介していきます。

イケアのALEXの良いところ

デザインがスッキリ!

壁一面を机で統一。加えて段差がないことで非常にスッキリ見えるようになりました。デスク右の物たちも段差を揃えればスッキリ行くはずですので、その辺は今後の課題です。

収納がたくさん入る!

とにかく引き出しが増えたので物がたくさん入ります。ツマの持ち物、ポムヒロの持ち物と二人分の物があったので、分けて管理するにも十分な量になりました。

二人分必要か?という点については、要検討です。

奥のものまで取り出しやすい!

引き出しの奥の奥を、手前に引き出すことができます。奥にしまったものの取り出し、収納も非常に楽ちんです。

 

イケアのALEXのダメなところ

重すぎる!

とにかく重いです。ポムヒロはイケアの店舗で購入しましたが、車に積むのも、降ろすのも、運ぶのも、組み立てるのも、とにかく重くて大変でした!

組み立てたら組み立てたで、なまじデザインがスッキリしているだけに、持つところがなくて、運びづらい!重いのに!!という感じで悪戦苦闘しました。

組み立て、搬入、移動は助手が一人いると本当に助かるはずです。

引き出しの滑りがシブい物がある

引き出しを引き出す際、引き出すスライダーの金具があるのですが、その金具の滑りが悪く、引き出しずらい物がありました。

個体差だとは思いますが、けして精巧な作りとは言えないので、このデザインクオリティ、この値段ではしょうがないのかもしれません。

後で油を刺そうと思います。

組み立てが大変

組み立て式になっているので、玄関からの搬入ができるのは嬉しいのですが、その分組み立てが大変です。

一つ一つが重い上に、部品も思いのほか多くあります。

細かい作業もあるので、やはり助手が一人いると助かりますね。

 

出産と共に変化するホームオフィス部屋

子どもが生まれるまでは、非常に快適なオフィス部屋でした。

パソコンをいじってもよし。

勉強してもよし。

家に書斎機能があるって便利だなー。と思っていたのもつかの間。

出産に伴い、子どもがオフィス部屋(と呼ばせてもらいます)へと遊び(荒らしに?)に来るようになりました。

引き出しをあけては中の物をあさり、とにかく中のものをすべて取り出す取り出す!(涙)

気が付けば大惨事です。

 

とはいえ、せまい2LDKの物件。

子どもの限られた稼働範囲を狭めるわけにはいきません。

なるべく子どもの自由を尊重しつつ、大人も使いやすい部屋に変更していきたいと思います。

 

子育てに適したルームメイク計画

2LDKの一室をオフィス部屋にしてしまっているのも、少しもったいない気がします。

室内では、子どもが遊べる場所は広い方がいいですからね!

 

課題

物が見えてしまっている(子どもが興味を持ちあさる可能性あり。というかあさっている。)

大人のテーブルの使用頻度が減っている(子ども部屋へリニューアルすべきか。子どもの成長も視野に入れて)

物が多すぎる(使用していないものの整理ができていないので、下手にあさられてしまう危険性がある)

引き出しを開けられない工夫(はさみやカッターなどが危険。大事なものをあさらせない)

 

という感じで、計画、実行をしていきたいと思います。

できれば、ALEXは活かしたいですねー。

 

まとめ

イケアのALEXシリーズは非常に満足いくデザインと使い心地でした!

出来上がりまでの苦労も、いざできてみるとさわやかな汗と共に流れ落ちてしまいました。

なんせオシャレですから(笑)

ただし、やはり移動や搬入、組み立ては非常に大変ですので、ぜひ2人以上で作業にあたることを再度おススメしておきます。

本当に重いので。

ということで、次回は課題の解決案、計画を練っていきたいと思いますー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください