子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

腰が気持ち悪い!腰痛になる前に行いたい超簡単1分ストレッチ

どうも、最近は一日中椅子に座っていることが多く、腰が痛くなりがちなポムヒロです。

長時間の椅子に座ってデスクワークしていると、どうも体が気持ち悪くなりがちです。

血行が悪くなって、そのまま放っておくと腰痛になる!その前兆かもしれません。

ポムヒロはそうした「気持ち悪さ」を感じたら体を動かすようにしています。

今回はそんなポムヒロが普段行っている腰痛になる前に行っていることと、お隣の席に座っている、元おじいちゃんおばあちゃんたちへの

健康インストラクターTさんが教えてくれた超簡単に行える1分でできるストレッチをご紹介します。

 

気持ち悪さを感じたら、簡単にできる1分間ストレッチ

ストレッチ その1

  1. 座ったまま片足をあぐらをかくように反対の足にのせます
  2. 反対の足の付け根(おしりらへん)を意識しながら、体を前に倒していきます
  3. そのままゆっくり息を吸って、ゆっくり吐きます
  4. 体を起こして反対も行います

1.座ったまま片足をあぐらをかくように反対の足にのせます

あまり足の付け根の方にもっていかないほうが、お尻に効きます!ひざのちょっと下あたりがちょうどいいかも。

 

2.反対の足の付け根(おしりらへん)を意識しながら、体を前に倒していきます

絵が劇的に下手ですいません(汗

ホラーのような絵になってしましました…。

 

3.そのままゆっくり息を吸って、ゆっくり吐きます

4.体を起こして反対も行います

 

ストレッチ その2

  1. 椅子に浅く座ります
  2. 片足をまっすぐ伸ばし、かかとを床につけて、つま先をあげます
  3. そのままゆっくり息を吸って、ゆっくり吐きます
  4. 体を起こして反対も行います

1.椅子に浅く座ります

2.片足をまっすぐ伸ばし、かかとを床につけて、つま先をあげます

3.そのままゆっくり息を吸って、ゆっくり吐きます

4.体を起こして反対も行います

以上2つのストレッチでした!

やってみると凝っている箇所は露骨に痛いので、すぐわかると思います。

適度に休憩をとり、やってみてください!

他にも私が行ってる腰痛予防法がありますので、良かったら以下ご覧ください。

 

運動不足が血行を悪くしているかも!?まずは超お勧めのラジオ体操を!

長時間デスクワーカーの方は、総じて運動不足な方が多いように思います。あなたも心当たりありませんか?

国からも週2回20分以上の汗をかく程度の適度な運動が推奨されていますが、なかなかその時間をとるのも難しいですよね。

私は自転車通勤で嫌が応でも運動する環境を作ったり、出勤後の朝のラジオ体操を習慣化して運動不足解消をしています

どうも体が気持ち悪いなと思うときは、大概は運動をおこたっていたりする場合が多いです。

運動不足だと血液の流れが悪くなったり、使わない筋肉がでてくるので筋肉が固まってしまうんですよね。

それで腰痛や腰の気持ち悪さにつながると。

なので、定期的な運動は日常的に取り入れていくとよいと思います。

特に私のお勧めはラジオ体操です!たった3分ちょっとでかなり体がかるくなるので、ぜひやってみてください!

 

ラジオ体操のメリット

よく言われているラジオ体操のメリットは以下です。

  1. 血行増進による肩こりや首のこりの解消
  2. 柔軟性の向上
  3. 新陳代謝の向上(ダイエット効果が期待)
  4. 便秘の改善等
  5. 冷え性の解消
  6. 免疫力の向上(病気になりにくい)
  7. 腰痛の予防や回復

しっかりラジオ体操をすると結構な運動になります。本気でやると汗をかきます。

夏休みの子どもたちみたいにだらだらラジオ体操していたんじゃだめですよ。

 ・お手本と同じようにきっちり踵(かかと)を上げ下ろししてください。

 ・腕をしっかり伸ばしてください。

 ・お手本と同じように体の動きを意識してください

そうやってラジオ体操すると、全身がほぐされて血行が良くなります。

あちこち柔軟できて、怪我や痛みの予防もできますよ!

 

お手本となるラジオ体操

 

ちなみに私がいた保育園では毎朝ラジオ体操をしていました。

体をよく動かす職業柄、よく柔軟していないといきなり子どもがアタックしてきたりすると怪我をしてしまうので、その予防だったのでしょう。

私は毎朝本気でラジオ体操して、柔軟をしっかりやっていたおかげで大きな怪我もなく、過ごすことができました。

他にも工事や建設作業にあたる方など、体を動かす仕事をしているところではラジオ体操を行っているところも多いようです。

そんなラジオ体操を毎日7年間やってきた結果、今ではラジオ体操をやらずにはいられなくなってしまいました!

 

ラジオ体操で毎日の自分の体のチェックを

実際ラジオ体操をやってみるとわかりますが、意外と体がこわばっています。

特に朝は、睡眠中にばっちり体を休めてるので、みごとにほぐれてないです笑

ラジオ体操をすると、体の曲げ伸ばし中に痛いところや、動きのシブいところに気が付いたりして、「あ、ここが固まってるな」「ここがこってるな」というのがわかります。

一日一日体の状態も違いますから、毎日のラジオ体操で、今日の調子をみるバロメーターとして、自分の体と向き合ってみることをお勧めします!

 

腰痛予防に私が行っていること

 

私がデスクワーク中に腰痛予防で行ってることをご紹介します。

 

適度に休憩をとり、外にでて歩く!

外じゃなくてもいいんですが、外に出られるときはなるべく外に出るようにしています。

どうしてもずっと同じ部屋の中にいると気分も滅入ります。

外の新鮮な空気をめいっぱい吸うことで、気分もリフレッシュできます!

立って歩くと、足回りの筋肉も動いて、コリがほぐれますよ!

 

あぐらをかく

ポムヒロはずっと同じ姿勢で座っていると足の付け根が気持ち悪くなってしまいます。

なので、女性の方は難しいかもですが、靴を脱いでよくあぐらをかいています。

あぐらをかくことで、ただ座っているときとは違う筋が伸びて気持ちいいです。

ストレッチみたいな意識ですね。

ずっとやってると見た目が悪いので、適度にやるといいかもしれません。

 

適度に立ち上がりストレッチを行う

腰だけに限らず、背中や足などいろいろなところに疲れがたまってきます。

適度に立ちあがり、首を回したり、肩を回したりして、コリをほぐすようにしています。

 

まとめ

今回はポムヒロが普段行っている腰痛になる前に行っていることと、お隣の席に座っている、元おじいちゃんおばあちゃんたちへの

健康インストラクターTさんが教えてくれた超簡単に行える1分でできるストレッチをご紹介しました。

  • 簡単ストレッチ
  • ラジオ体操
  • 色々な予防法

ぜひ、仕事の合間に適度に休憩をいれて取り組んでみてください。

すべていきなり全部やる必要はないので、いつもより少し意識を向けてあげることが大切です。

まずはスモールステップ。「立ち上がる」ことから始めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください