1日をほんのちょっと楽しく、快適にさせるライフブログ

結婚当初にバトル勃発。妻との夫婦仲を取り持ってくれたのはニトリの洗濯Yシャツハンガーでした。

どうも多趣味ニストのポムヒロです。

結婚して同居を始めると、お互いの生活スタイルや、やり方、持ち物などの違いで、ちょっとしたバトルになることって多々ありますよね?性別も違ければ、生まれた土地、育ってきた環境も違う他人が、同じ屋根の下で暮らすんですから、そりゃ一筋縄ではいきません。

そして、ポムヒロ家でも案の定バトル勃発。うちの場合、バトル勃発の原因は「ハンガー」でした。

 

結婚当初にバトル勃発

念のため前置きしておきますが、ポムヒロ家は基本、ストレスを感じたり、イラっとしたり、何らかの問題・課題・文句がある場合、お互い「話し合い」「出来るだけ穏便に」解決するスタイルです。仲良しが一番です。

なので、この「ハンガー」をめぐるバトルも、お互いの言い分を主張しあって、お互いの話しを聞いた上で、解決策を見つけ出しました。

さて、本題ですがツマとの結婚当初、同居開始早々はお互い一人暮らしをしていたため、洗濯機や掃除機、冷蔵庫、レンジなど白物家電がダブっていました。そして、同じようにお互いのハンガーもダブっていました。

  • ポムヒロは「ワイヤーハンガー(針金ハンガー)」愛用。
  • ツマは「クリーニングのハンガー(黒いプラスチックハンガー)」愛用。

こんな感じです。

種類の異なるハンガーが混在するとひじょーに面倒です!絡まる、がさばる、収納もしづらく、邪魔!といった具合で、本当に最悪。お互いストレスを抱えました。たかがハンガー、されどハンガーです。

 

ツマの言い分としては、「頑丈で、キャミソールとかかけられる突起があるから、クリーニングのプラスチックハンガーがいい!」とのこと。

ポムヒロの言い分としては、「Tシャツが一気に取り外せて効率的。だからワイヤーハンガーがいい!」ってな感じでした。

後述しますが、これっていろんな場合で違う男女の差ですが、男女の着る格好や服の違いに差があるので、こうしたバトルって起こるべくして起こるんですよね。

話し合いの末、「新しいハンガーを購入する」という結論に至りました。でも、意外とお手頃価格で、数あって、買い足しがきく、デザインのいいものって中々見つかりません。

そして、ふと買い出しに出かけたニトリで、ついに完璧なハンガーと出会うことができました!お手頃価格で、数あって、買い足しがきく、デザインのいい、そう!ニトリの洗濯Yシャツハンガーですっ!

 

>>公式サイト:ニトリのYシャツハンガー

 

夫婦仲を取り持ってくれたのは「ニトリの洗濯Yシャツハンガー」でした。

ニトリの洗濯Yシャツハンガーは最高です。

大事なことなので二度言います。

ニトリの洗濯Yシャツハンガーは最高です。

ニトリの洗濯Yシャツハンガーに出会ったことで、夫婦のハンガー問題は見事に解決しました!その後はハンガーに悩まされることもなく、快適に洗濯を干すことができ、ストレスフリーのポムヒロ家の夫婦仲はとても良くなりました笑

さて、ニトリの洗濯Yシャツハンガーの何がいいのか?気になりますよね!?ニトリの洗濯Yシャツハンガーの素晴らしさを以下に熱く語りましたので、是非読んでみてください!

ニトリの洗濯Yシャツハンガーは絡まらないから、ストレスなし!

ニトリの洗濯Yシャツハンガーは、プラスチック素材でできており、適度な薄さながら、硬さがあるので、絡まりません!かけるときも重ねたり、ねじれたりしないので、スムーズにかけられ、ストレスなしです!エッジが丸くなっており、尖ってないので、洗濯物をかけら時も、外すときもするっと外せるところも好感が持てます!

ニトリの洗濯Yシャツハンガーはがさばらないから、スッキリ収納!

ポムヒロ家はハンガーはかけたまま保管してます。ニトリの洗濯Yシャツハンガーは一本一本が薄いので、ないスペースでたくさん本数をかけておくことができます!戸棚やケースに収納してる人だったら、エレガントに整列して収納できるから気持ちいいこと間違いなしです!

ニトリの洗濯Yシャツハンガーは男女に優しいから、夫婦が仲良しになる!

男はワイヤーハンガーで十分でも女は着るものが多様で機能的なハンガーが必要になります。

その点ニトリの洗濯Yシャツハンガーは、大抵のものは干せる形状をしていて、女性が嬉しい肩紐掛け?もあります!

 

かけられれば充分な男のハンガー

ポムヒロの場合、基本Tシャツ、シャツ、タンクトップ、ズボン。だいたい、こんな物しかありません。

なので、ワイヤーハンガーで十分でした。男は肩幅があり、怒肩なので、服も体型に合うように作られてます。なので、ワイヤーハンガーにかけても、作りの形からして、そうそう簡単には落ちません。

ズボンもワイヤーハンガーにかけて、洗濯バサミで止めるだけで充分。外すときはするっと取り外せるので非常に便利でした。

よっぽどオシャレでない限り、そんなに特殊な形状の服は着ません。男はワイヤーハンガーのあの形であれば充分なのです。

 

機能が必要な女のハンガー

ところが、女性はそうはいきません。肩は基本なで肩。柔らかい衣服が多く、キャミソールやら、カーディガンやら、いろんな種類の服を着ています。

なので、ワイヤーハンガーだと干してる間にするっと落ちてしまうので、キャミソールの紐を引っ掛けておくような物や、滑り止めなどいろんな機能が必要になるのです。

 

まとめ

かくして、ポムヒロ家の夫婦仲はニトリのハンガーという救世主によって救われました。ちなみに、ニトリのハンガーは最高ですが、他にもスカートやズボンを干す時のパンツハンガーや、ジャケットやスーツを保管しておくための厚手のハンガーもあると、なお良しです。

万が一、ポムヒロのように、ツマとハンガーを巡ってバトルに突入したときは、ニトリの洗濯Yシャツハンガーで仲直りしてください笑

 

>>公式サイト:ニトリのYシャツハンガー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください