子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

冬の寒いフローリングにサヨナラ!赤ちゃんに嬉しいぽかぽか床暖をたったの12,000円で実現する方法

冬のリビング、冬のフローリングって本当に寒いですよね。大切な赤ちゃんを寒さから守るためにも、部屋を暖かくして迎えたいものです。

でも、冬は何かと暖房設備の購入やら、光熱費やらで出費がかさなる時期。なるべく低予算で床を暖かくしたいですよね。

ポムヒロは、アルミマット、ホットカーペット、ジョイントマットを使って、たったの12,000円で床暖を実現しました!

ぽかぽかの温かさを手に入れることができ、しかも赤ちゃんも転んでも安心!2才半の上の子も遊びに集中できて、掃除も簡単

いいことづくめです。

今回はたった12,000円で「安全」と「温かさ」を手に入れる方法を書いていきます。

ポムヒロが床暖を導入した理由

ポムヒロ家は2LDKのアパート暮らしですが、他の部屋は寝室と書斎部屋なので、子どもたちの屋内での遊び場はもっぱらリビングです。

今までホットカーペットに毛足の長い絨毯を重ねていたのですが、

  • 絨毯はごみがたまりやすい
  • 赤ちゃんが絨毯の毛を食べてしまう
  • 上の子のおもらしで絨毯を洗う苦行
  • 赤ちゃんのお座りが不安定で頭から転んでしまう
  • ホットカーペットが温かいのが座っているところだけ

などの理由で、11月を目前に「転んでも安全」で「温かいリビングにする」ことが直近の課題でした。

たった12,000円で「安全」「温か」な床暖を実現する方法

用意するもの

アルミ保温シート 2畳用

ウレタンの層で床からの冷気をシャットアウトし、アルミによりホットカーペットの温かい熱を反射。熱効率が高まることで、効率的に床と部屋を暖めることができます。そして、何も敷かずにほっとカーペットを使うときにくらべ、節電にもなって、電気代が安くなる!
あまり薄すぎると、冷気が伝わりやすいので、以下にご紹介するような、少し厚みのあるものがおススメです。

一度買ってしまえば、その後何年も電気代も抑えることができるので、ぜひ買っておきましょう!

ホットカーペット 2畳用

ホットカーペットの種類はピンキリなので、気に入ったものを用意しましょう。予算を抑えるのであれば、以下のものがシンプルで安いのでおススメです。

ジョイントマット大判6畳用

180㎝×180㎝程度のサイズ(約2畳)分のマットが必要です。

以下でご紹介しているものは6畳用なのですが、この商品はコスパ最高です!

余った分は他の部屋にも使え、大判なので、組立も手間が省けるので、おススメです!

POINT
組立時のジョイント部分にギザギザをなくすサイドパーツ、コーナーパーツがあると、隙間にゴミがたまらないので、掃除が楽になりますよ!

ちなみに、以下で紹介しているものは、サイドパーツ、コーナーパーツ付きです。

設置の仕方

 

  1. アルミシート
  2. ホットカーペット
  3. ジョイントマット

の順に上に重ねていきます。

ジョイントマットを重ねるときは、ホットカーペットの温度調整部分から、少しずらしておくと使い勝手がいいですよ!

ジョイントマットのメリット・デメリット

メリット
  • 子どもが転んでも柔らか素材なので、怪我をせず、安心!
  • 適度な硬さがあるので、ブロックや積み木などの玩具を置いても倒れないので、子どもが集中して遊べる!
  • ホットカーペットの熱がマット全体に伝わるので、どこに乗っても温かい!
  • 汚れたり、傷ついてしまった部分だけを取り外せるので経済的!
  • おもらし、嘔吐などの汚れも撥水されるので、掃除が楽々!
デメリット
  • 子どもが興味を示すと、剥がされてしまい、再設置がとても面倒(泣
  • 床暖の上に布団を敷いて昼寝をすると、水分が床に張り付くことがある。

まとめ

ホットカーペットの上に絨毯を敷いた時と比べると、直にジョイントマットからの温かさが伝わるので非常に温かく感じます。

加えて、ジョイントマット自体が温まること、長時間使っていると次第に部屋も温まってくるので、一石二鳥です!

ただアルミシートを引くだけや、ジョイントマットを敷いただけではそれほど温かくないので、今回ご紹介したようなやり方をすると、効率よく温かさを保てるので、ぜひ気が向いたらやってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください