子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

シンクをピカピカにする方法!重曹・クエン酸・セスキよりも綺麗になる「あの洗剤」

どうもポムヒロです。

キッチン掃除といえば頻出の「重曹!クエン酸!セスキ!」というワード。
真新しいシンクや、毎日手入れがされてるシンクなら、重曹やクエン酸、セスキでもきれいになりますが、
長年使って傷の付いたシンク、1ヶ月放置して白くなったシンクは、そうやすやすとピカピカにはなってくれません。

世の中ライフスタイルに目が行きがちなので、ついつい話題のモノにつられがちですが、実は昔からある「あの洗剤」を使えば、簡単にシンクをピカピカにすることが出来るって知ってました?

今回はそんな手のかかるシンクを、重曹・クエン酸・セスキよりも簡単にピカピカにする洗剤「あの洗剤」カネヨンについて書いていきます。

シンクのピカピカを阻む、クスミの原因は「石鹸カス」と「水垢」

キッチンのシンクは、生ごみや汚れた食器、フライパンに鍋などで、いろいろな汚れがたまる場所。油は食器洗いで洗剤と共に流れていきますが、洗い流しの際に流しきれなかった洗剤の泡や、ふき取らずに乾いてしまった水は「石鹸カス」「水垢」としてシンクを白くくすませます。
しかも長期間放置してしまうと、水道水のカルシウムやマグネシウム成分がが汚れの原因となって、固まってしまって落とすのがとても大変なんですよね。
こうなると重曹やクエン酸・セスキなんかでは、そうそう太刀打ちできません。やってみればわかりますが、「どんだけ頑張ればいいの?」って感じになります。
ポムヒロもなんどこの撥水力のないシンクを目にしてきたことか。
でも安心してください。「カネヨン」さんはそんな私たちの悩みを解決してくれます。

弱アルカリ性と研磨力を兼ね備えたカネヨンのパワー

石鹸カスを落とす弱アルカリ性

石鹸カスは酸性なので、弱アルカリ性の洗剤を使うと中和され、汚れが落ちやすくなります。重曹もこの理屈でおススメされてたりしますが、研磨力が弱いのでよほど力を入れてごしごし洗わなければならず、逆にシンクを傷つけてしまうことがあります。
カネヨンも同様に弱アルカリ性の洗剤ですが、研磨力が強いので重曹に比べ簡単に汚れを落とすことができます。

頑固な水垢を削り落とす研磨力

水垢は、水道水に含まれるカルシウム成分が、水分の蒸発でシンクなどに固着した汚れです。水垢はアルカリ性なので、クエン酸などの酸性のモノで中和するのがベストですが、たまりにたまった水垢はそう簡単には落ちてくれません。やったことがある人はわかると思いますが、ポットの水垢(もはや白い固形になってたりしますが)は酸性系の専用洗剤を使ったとしても、落ちなかったりします。結局研磨する必要が出てくることが多いので、最終的に研磨力の強さが物を言います。

重曹もクエン酸も不要。カネヨンが一本あればOK

結局シンクの汚れは研磨力の強さが重要です。毎日掃除をしてシンクを綺麗に保てる人以外は、カネヨンでサクッと洗ってしまった方が、手間も時間もかかりません。

カネヨンの成分用途、成分表

品名

クレンザー

液性

弱アルカリ性

用途【適するもの】

 

《台所用》流し台、調理台、ガスレンジやそのまわりの壁面、換気扇、調理器具(なべ、フライパン、まな板、包丁)、食器(金属、陶器、ガラス製)

《浴室用》浴そう(ホ-ロ-、タイル)、タイル、すのこ、おけ、腰かけ

《洗面所用》洗面台、衛生陶器

<ご注意>適するものでも材質によってキズがつくことがある。目立たない所で試してから使う。

【適さないもの】

陶器、皮製品、塗装面、金銀などの貴金属製品、陶磁器の金銀線模様、フッ素樹脂加工製品、大理石などの石材(人工代理石を含む)、わずかなキズでも機能を害するもの(自動車のフロントガラス、鏡面、レンズ等)

成分

研磨材(50%)、界面活性剤(7%、脂肪酸アルカノールアミド)、安定化剤

使い方と使用量の目安

汚れに適量かけるか、スポンジ等につけてこすり洗いする。使用後は必ず水拭きか水で洗い流す。

使用上の注意

  • 幼児の手の届くところに置かない。
  • 硬い道具(研磨材入りスポンジ、タワシ、金属タワシ等)を使う場合や、柔らかい金属(銅、アルミ)および陶磁器(ボーンチャイナ等)、プラスチック等を洗う場合は、強くこするとキズがつくことがある。
  • 食器、調理器具などに使用する場合は、使用後、水でよくすすぐ。
  • すすぐ時はスポンジ等を使って洗い流す。
  • 荒れ性の方が使用する場合、または長時間にわたって使用するときは、炊事用等の手袋を使用する。
  • 用途外に使用しない。
応急処置

  • 飲み込んだ時は、水等を飲ませる。
  • 目に入った時は、こすらずに水で充分洗い流す。
  • 異常がある時は医師に相談する。
 包装容器の材質ボトル:PE
キャップ:PP

カネヨ石鹸より引用

 

ポムヒロが過去に行ったシンクぴかぴかへの取り組み

カネヨンを見つけるまでに色々試行錯誤がありました。確かにそれなりの効果はあるものの、手間がかかってしまったり、大変だったりします。以下にやってみたものと、感想をまとめました。色々試しましたが、やっぱりカネヨンが今のところ一番です!

  • 重曹・・・洗浄力が弱く、手間がかかる
  • クエン酸・・・洗浄力が弱く、手間がかかる
  • 歯磨き粉・・・研磨剤が入っていてきれいになるが、コスト高
  • メラミンスポンジ・・・毎日こまめにこするなら◎
  • クレンザー・・・研磨力が弱く、手間がかかる
  • スクラビングバブルズ・・・手間がなくて簡単◎水垢はあまり落ちない印象

 

シンクをピカピカにする方法

我が家のシンクを実際にカネヨンでシンクをピカピカにしてみました。

水垢、茶渋などの汚れがひどいです。

水垢でステンレスが白くなっています。

茶渋も結構ついています。

ここでカネヨン登場。シンクを磨いていきます。

シンクを磨くのは適当なスポンジ。結構消耗するので、使い古しでいいです。 

カネヨンをたっぷりシンクに撒きます。

一生懸命シンクを洗います。くるくる回すように洗うと1箇所あたりの研磨回数が増えるので良く落ちます!

ごしごし洗っちゃいましょう!クルクル洗って落ちないときは、スピードや力を入れて洗うとマル◎

水で洗い流したら、こんなにきれいになりました!ぴかぴか!水のはじき具合わかります??

やっぱりカネヨンはすごいですね。ありがとうございました!

 

シンクをピカピカに保つためにしたいこと

一度ここまで綺麗にしてしまったら、毎日簡単な手入れをしていればあそこまで汚れることはありません。また汚れてしまったときは、カネヨンすればOKです。以下に毎日間単にできる掃除方法をあげるので、スキマ時間にやってみてくださいね。

  • ①メラミンスポンジでシンクをクルクルと磨く。
  • ②ごみうけの生ごみはその都度捨てる。
  • ③排水溝の生ごみを集めたら、塩素系漂白剤スプレーをシュッとひと拭きする。
  • ④洗い物の最後にシンクもスポンジで洗う

まとめ

いかがでしたか?カネヨンすごいですよね。

用法を守って使えば、他のものにも使えます。

ぜひカネヨンでシンク洗い試してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください