1日をほんのちょっと楽しく、快適にさせるライフブログ

検索結果に影響?ページの表示速度の測り方と有名サイトの表示速度比較

ページの表示速度がGoogleの検索結果に影響していることをご存じですか?

キーワードやコンテンツの質、ドメインパワーなど、いろいろな要因がありますが、その一つにページの表示速度」が関係しています。

今回はページ表示速度の計測方法について書いていきます。

ページの表示速度が検索結果に影響する割合からすると、わずかな要因です。しかし、UX(ユーザー体験)の観点から言えば、表示までに2~3秒でユーザーは離脱するといわれていますので、表示速度は非常に重要です。インターネットが普及した現在、ほとんどの人は検索行為を行っているので、実体験からも、その重要性は納得できるのではないでしょうか。

 

ページ表示速度の測り方

表示速度の測り方はいくつかありますが、簡単な計測方法を2つご紹介します。
※日にちや時間帯によっても計測結果は異なります。

TestMySite【Google】

モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスをテストするツール。一分ほどの解析の後、
 ・3Gでの読み込み時間
 ・訪問者の推定離脱率
が表示されます。
テスト結果の詳しいレポートを希望アドレス宛に送信してもらうことができ、約一時間ほどで届きます。

【計測結果画面】

 

PageSpeed Insights【Google】

ウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を短くするための方法を提案してくれるツール。
スマホ・PCの場合の読み込み速度とその評価を「poor」「medium」「Good」で教えてくれ、最適化についての提案をしてくれます。

【計測結果画面】

 

有名サイト表示速度比較

他サイトの表示速度はどうなっているのでしょうか。気になりませんか?有名サイトの表示速度を上記のツールで評価してみました。

Google

さすがに自分で言っているだけあって成績が良いです。ユーザーだったら100%検証してみたくなりますもんね。

TestMysite  表示速度:3秒、離脱率:低

 

PageSpeed Insight モバイル:Good [100/100]、PC:Good [95/100]

 

ひつじアフィリエイト

アフィリエイトでは有名なひつじさんのサイトです。スマホでの成績はバッチリ!さすがです。意外なことにPCでの評価はイマイチでしたが、体感的にはストレスは感じませんでした。

TestMysite  表示速度:4秒、離脱率:10%

 

PageSpeed Insight モバイル:Good [83/100]、PC:Low [47/100]

 

クロネのブログ講座

雑記ブログで有名なクロネさんのサイト。意外な結果に?!しかし、体感的にはそんなにストレスは感じませんでした。

TestMysite  表示速度:21秒、離脱率:35%

 

PageSpeed Insight モバイル:Good [84/100]、PC:Low [47/100]

 

 

ワードプレステーマ「Godios」サイト

革新的な表示スピードとうたっているだけあって、さすがに早いです。ほぼ100%の評価を得られていて、すごいです、、、。

TestMysite  表示速度:3秒、離脱率:低

 

PageSpeed Insight モバイル:Good [99/100]、PC:Good [94/100]

 

ページ表示速度の改善方法

プログラムなどが詳しい方は以下のサイトなどを参考に、対応いただくとよいと思います。

【超重要】サイトのページ表示速度を知ろう!測定方法から改善方法まで解説

【保存版】ウェブサイトを高速化して表示速度を改善する10の方法。

しかし、「プログラムができない」「簡単に改善したい」という方は、以下の方法がいいと思います。

・WordPressテーマを「Godios」に変える

・サイト構築を外注する

・優良な有料テーマを購入する

 

まとめ

タイトルやコンテンツの内容によっても検索結果は変動し、表示速度はあくまでも検索結果表示の一要因です。しかし、検索結果からコンテンツ表示までにユーザーが離脱してしまっては、せっかくの充実したコンテンツも、もったいないですよね。
ぜひ、一度ページの表示速度を計測し、自分のサイトのページ速度をみてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください