子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

自転車種類別!速度と通勤時間まとめ

「健康のため」、「近くに駅がない」「節約のため」など、様々な理由で自転車通勤されているかと思います。

最近では、「ママチャリ」に加え、「クロスバイク」「ロードレーサー」「マウンテンバイク」など、スポーツタイプの自転車で通勤される方もよく見かけるようになってきました。

ファッションや運動など目的は様々だと思いますが、一番通勤で気にしたいのはその自転車での通勤時間。

使用する自転車の種類によって、大きく速度が変わるので、通勤時間にもモロに影響してきます。

今回は、そんな自転車の種類別に自転車の速度と通勤時間について書いていきます。

 

ロードバイク |速度:20㎞~30㎞

セール価格: ¥ 23,990

amazon:ロードバイク 700C 初心者SD-01自転車 14段変速 男女兼用 通勤通学 軽量 ドロップハンドル

スポーツ仕様の自転車。車体が軽く、タイヤが細い仕様で、より早く走れるよう空気抵抗を抑えた前傾姿勢の作りになっています。非常に軽い力で速度がでるので、場合によっては電車通勤よりも早く会社についてしまうなんて言う場合もあります。ただし、街中の信号に引っかかると、思いのほか通勤時間は短くならないので注意が必要です。「郊外への信号の少ない道での通勤」、「土日も趣味で乗りたい」なんて人にはお勧めです。

舗装された道や坂道などでは、最高速度40~60㎞ほどの速度がでるので、歩行者と自分の安全のためにも車道を走るなど、自転車のルールに準じた走り方をする必要があります。

一昔前までは競技用の自転車で、マニアが乗るようなものでしたが、最近は自転車ブームもあり、ロングライドのツーリングや、趣味のレースなどで多くの人がロードバイクを持つようになりました。

 

通勤距離 かかる時間
5km 15分~20分程度
10km 35分~45分程度
15km 50分~1時間程度

 

クロスバイク |速度:15~25㎞

セール価格: ¥ 21,890

amazon:クロスバイク フラットハンドル 自転車 軽快車 700C シマノ7段変速

ロードバイクとマウンテンバイクのいいとこどりをした自転車。ロードバイクよりも、姿勢をやや起こしたような乗車姿勢をとれるので、安心して快適に乗ることができます。速度もそれなりにでながらも、普段使いに気軽に乗れるので、多くの人に好まれています。最近はおしゃれなデザインのものも多くでてきているので、好みのものを選びやすいです。

通勤距離 かかる時間
5km 20分~30分程度
10km 40分~50分程度
15km 1時間~1時間10分程度

 

マウンテンバイク |速度:15~25㎞

価格: ¥ 22,800

amazon:SHINEWOOD(シャインウッド) 自転車 26インチ マウンテンバイク MTB

荒野、山岳地帯等などの悪路でも安全に走行できるよう設計された自転車。その目的から、サスペンションによる衝撃軽減。溝が深く・太いタイヤでどんな状況でもバランスがとれる。走行の自由度が高く、ハンドリングしやすい構造となっています。速度もクロスバイクと同じようにでますが、悪路を想定してのつくりなので、舗装された泥では、やや車体が重く感じたり、摩擦抵抗が感じられます。一方で、サスペンションで道路の段差を感じず、上体を起こして乗車できるので、気持ちよく走れたりと、街中ではやや一長一短があります。

通勤距離 かかる時間
5km 20分~30分程度
10km 40分~50分程度
15km 1時間~1時間10分程度

 

ママチャリ |速度:12~19㎞

 

 

amazon:完全組立 VOLDY(ボルディ) 26インチ自転車ママチャリ VO-VM-266 シマノ製6段ギア付き

一般的に軽快車・シティ車全般を指す自転車。それがママチャリです。子どもからお年寄りまで様々な方に愛用されています。かごや泥除け、荷台等がついており、スーパーやコンビニなど、近くへの買い物から通勤までとにかく色々と便利な自転車。重量があるので、速度は出しにくいですが、ギア付きのものだと最高速度30㎞オーバーも可能です。ただし、その場合、お尻が筋肉痛になるかもしれません、、、

 

通勤距離 かかる時間
5km 30分~40分程度
10km 50分~1時間10分程度
15km 1時間10分~1時間20分程度

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください