子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

パナレーサーのツーキニストの使用レビュー!通勤専用タイヤを履いてみた感想!

ロードバイク通勤にあたって、通勤途中のパンクの不安解消と乗り心地改善のため、通勤といえばツーキニストと呼ばれる(笑)タイヤのツーキニスト化を図ることにしました。今回はツーキニストのレビューについてお伝えします。

タイヤ交換をすることで何を期待しているか

今まで装着していたホイールとタイヤは週末のツーリングのために「早く」、「楽に」走れる軽いタイヤを使用してきました。

しかし、以下の理由で、ツーキニストを導入することに踏み切りました。

  • 高価なタイヤを常用することで消耗が激しくなるのがもったいない
  • 歩道との段差での衝撃や走りの硬さが気になる
  • パンクが心配

ポムヒロの通勤路では細い道なのに車どおりが多かったり、逆に大通りでビュンビュン車がすぐ横を通りぬけるため、身の安全を確保するため、歩道を走ることが多々あり、その際のタイヤのショックが結構ストレスだったりします。

また、通勤でツーリング用の高いタイヤを消耗するのは、どうしてももったいない気がしてなりません。

加えて、通勤となると会社やクライアント先に到着することが、必須なので、パンクで遅刻なんてことは、可能な限り避ける努力をしたいです。

そんなわけで、今回購入したツーキニストでは、少しタイヤを太めにし、現在使用中の700-23Cから、700-25Cに変更することにしました。

タイヤが太くなり、ホイールが重くなるので、路面抵抗アップでペダリングが重くなるかと思いますが、そこはトレーニングととらえることにしました。

これで全ての問題が解決しそうです。

ちなみに、タイヤをいちいち履き替えるのも面倒なので、ホイールは安価なものを用意し、タイヤとセットにしました。

スプロケットは予備がないので、仕方なく、タイヤ交換の都度、合わせて交換です。

なぜ「パナレーサーツーキニスト」にするの?

なんといってもパンクしにくい(だろう)という点が一番の理由です。なんせ

  • 耐リム打ちパンク性能が1.6倍。
  • 耐サイドカット強度が2.8倍。

参考:http://tourkinist.jp/classic/panaracer/panatourkinist.html

ということで、パンクがしにくい!パンクするかもしれないという不安からの脱却!が期待できます。加えてタイヤの強度が高く、チューブに優しい構造なので、パンクしにくく経済的 届いた商品はこんな感じです。箱から出してしまいましたが、硬い段ボールで丁寧に梱包されていました。パナレーサーはえらい梱包の施しようです。ぜったいに傷つけずに商品を届けるという意気込みが感じられます。

ツーキニストにはタグがついていて、自転車で通勤(通学)しようぢゃないかっ!と書かれていますw

しかも「自転車通勤の 自転車通勤による 自転車中金のためのタイヤ」とはなかなか興があります。なんとも親しみのもてるデザインですが、かくいう性能としては、

  • 素材強度を高めたNewHyperTexCasing採用により耐久性をさらにアップ!
  • スタンダードタイヤ(パセラLX)と比べて
  • 耐リム打ちパンク性能…1.7倍(ツーキニスト従来比106%)
  • 耐サイドカット強度…2.9倍(ツーキニスト従来比110%)
  • チューブと接するタイヤ内側のケーシング面をフラット加工。ケーシングとの摩擦によるパンクを防止。
  • 毎日の通勤・通学、フィットネスなどのデイリーユースに最適。

とのこと。上記の情報からバージョンアップされていたようです。乗車が楽しみです!

まずはいそいそと梱包を取り除きます。梱包が外れるとだいぶすっきりしますね。

さっそくタイヤを組んでいきます。今回のカラーは黒なので、特に可もなく不可もなくという感じです。通勤ですし、あまり目立ちすぎない方が良いかと思いますので。しかし、ロゴが目立ちます。

組みおわるとこんな感じになります。

そして、最後に全景。本当に可もなく不可もなく、普通になじみます。ちなみに空気圧は80にしました。始め100を目指して空気をいれていましたが、あまりにパンパンになりそうなので、よくよく説明書を読んでみると「加減をみて調整してください」とのことでしたので。。。80でもかなりタイヤがカチカチです。

乗り心地レビュー

さっそく通勤で乗ってみた感覚ですが、わかりやすく言うと以下のような感じです。伝わるといいのですが、、、

・やわらかい乗り心地!

・地面に吸い付くすべり!

・弾力と安心感!

乗った感じはタイヤの弾力がめちゃくちゃ感じられます。そのおかげか走りだしはソフトな乗り心地がします。やわらかいので、ひざの負担も軽減されているような気がしますね。また、摩擦のせいか地面に吸い付くような走りで、歩道との段差ではその弾力でボインと跳ね上がる感じなので、以前のガタッと跳ね上がるような感じからは硬さがかなり改善されました。

上り坂ではぐいぐい登れます。タイヤが太くなり、ホイールも重くなったことで速度はすぐに落ちやすいですし、転がりも悪くなりましたが、上り坂は摩擦のせいか地面をけって進むように駆け上がります。

その点では以前より上りやすくなったように感じます。

平坦ではやはり重さが格段に上がりましたが、トレーニングとしてとらえることにします。

Panaracer(パナレーサー) アーバン&ツーリングタイヤ ツーキニスト 700×25・28・35C、26×1.50・1.75

まとめ

パンクの不安が改善され、なによりフィーリングがソフトで滑らかな乗り心地になりました

歩道と車道の段差もショックを吸収してくれるので、非常に気持ちよく走れます!

さすがツーキニスト専用のタイヤです!

価格もお手頃で手に入れやすいですし、文句なしです!あとは通勤あるのみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください