子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

スーツで自転車に乗るなら、見ておきたいカスタマイズポイント!

自転車とひとえに行っても、ママチャリからロードバイクまで様々です。もちろんママチャリで通勤もいいけど、見た目や通勤時間を考えると、ちょっとな。。。と思いますよね。

最近はクロスバイクやロードバイクで通勤をしている人も増えてきました。ポムヒロもロードバイクで通勤していますが、スーツで通勤するには、やっぱりカスタマイズが必要だなと思うことが多々あります。

今回はそんなスーツで自転車に乗るときにカスタマイズしたいポイントをピックアップしてみました。

スーツで自転車通勤するための自転車カスタマイズ

ビジネスバッグを載せる「カゴ」!

持っているだけで、完全に片手がふさがってしまうビジネスバッグは、自転車通勤の宿敵です!片手運転で通勤なんてありえません。

ショルダータイプ、リュックタイプのビジネスバックもありますが、ショルダータイプは体の横に移動してきてしまったり、リュックタイプは客先によってはNGだったりと制限も多いです。スーツにシワもついてしまうのもネックですね。

いずれにしてもカゴがあれば、両手が空いて安全に通勤できますし、走行の邪魔になったり、スーツにシワもできません。

ママチャリの場合、標準装備されてますが、クロスバイクや折り畳み自転車、ロードバイクは後付けのカゴもあるので、付けておくと便利です。

自転車が倒れないように「スタンド」!

ロードバイクはもちろん、クロスバイクや折り畳み自転車によっては自転車スタンドが付いていないことが多々あります。サドル下に取り付けるタイプ、後輪横に取り付けるタイプと種類も豊富です。

自転車をサクッと停めたいときに便がいい取り付けておくと便利です。

わざわざ立てかけられる場所を選ぶ必要がありません!

常設しておくのに抵抗がある人は、携帯スタンドがおススメです。

盗難防止に「鍵」!

面倒くさがりの人は、鍵も自転車に取り付けてしまいましょう!ママチャリには標準装備してることが多いですが、ロードバイク、クロスバイク、折り畳み自転車は鍵がついていないことがほとんどです。直接自転車に取り付けるタイプもあります。取り付けるのが嫌な人は、サドルバッグなどの後付けバッグを取り付けて、収納しておくと便利ですね。

コンビニや銀行にちょっと行きたいという時にも、自転車取り付けタイプの鍵だと、自転車を停める精神的なハードルが下がり、サクッと出かけようという気にもなれます。

スーツの裾を守るために「チェーンカバー」!

ほとんどのロードバイクやクロスバイクは、チェーンカバーがついていません。スーツで自転車に乗るときに一番気になるのが、スーツの裾の巻き込みです。裾がチェーンに絡んでしまうと、チェーンの油汚れがついてしまうばかりか、場合によってはスーツがほつれたり、破れたりしてダメになってしまうこともあります。バンドで裾を止めるという方法もありますが、毎日つけなければいけないので面倒です。チェーンカバーなら、一回作業して取り付けてしまえば、あとはラクチン。

クロスバイクやロードバイクでも、後付けできるクールな自転車カバーがあるので、ぜひオススメします。

怪我をしないために「ライト」!

安全のためにもライトは必須です!特にフロントのライトは前方の視野が良く見える光量のあるものを選びましょう。後ろにつけるテールライトは「赤色」の物を使用し、同じく明るめの物を選びましょう。

ライトを点滅させて走行させている人も見かけますが、前後のライト共に、点滅させない「点灯」が基本です。点滅させていいのは、ライトを二つ付けてるときです。どちらか一方は必ず「点灯」です。

路面汚れでシミを付けないように「泥除け」!

雨の日以外でも、雨が降った後の路面は砂や泥などの汚れを巻き上げやすいです。泥除けを後付けでもいいので付けておくといいです。完全に常設させるタイプの物から、アスセイバーなどの携帯できる泥除けもあります。

小物をしまえる「バッグ」!

自転車を止めるときの鍵や、パンク修理キットなどを入れておくサドルバッグなどを付けておくとよいです。小型の物から大型のもの、付ける位置もいろいろなタイプのものがあるので、好みの物を付けましょう。

傘さし運転は違法!「傘スタンド」!

傘さし運転は違法です。基本は両手の空くカッパを着るようにしましょう!どうしても!何が何でも傘がいい!って人は、仕方がないので、傘さしスタンドを取り付けましょう。

服装にも気を付けて!

靴はかかとの低いものを選ぼう

かかとのあるビジネスシューズやヒールのある靴は、足をついたときにしっかりと踏ん張れず、態勢が不安定になるので危険です。できれば、ヒールのない靴、または低い靴を選ぶようにしましょう。

コート、スカートの巻き込みに注意

ロンコートを着る人やスカートをはく女性は、巻き込みに注意しましょう。裾がチェーンに絡んだ拍子に転倒してしまう危険もあります。コートは丈の短いものを着るようにし、スカートではなく、できるだけパンツスーツを着るようにしましょう。

結局最強は、シティサイクルって話

シティサイクルは誰もが乗りやすく、快適で、お値段も手ごろなものになっています。個性を発揮しずらいですが、安全性はとても高いです。その点ではママチャリも負けてはいないのですが、車体が重すぎて、時間を気にして通勤するビジネスマンには向いてません。クールな印象って大事ですよね?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください