子どもの消耗品をAmazonで一気に瞬殺する方法はこちら

衣服・本から小物まで本当に片付く!『人生がときめく片づけの魔法』を実践してみた結果

「こんまり」さんこと近藤麻理恵さんの著書『人生がときめく片付けの魔法』は有名ですが、話題からしばらくたった今でも、この本は私の本棚「殿堂入り」を果たしています。

ポムヒロ

この本さえあれば本当に片付きます

この「殿堂入り」という言葉も本書にでてくるキーワードですが、いろいろな片付けとは程遠い「言葉」でこんまりさん流の片付け方法を伝授してくれます。

ポムヒロはきれい好きではあるのですが、非常に「めんどくさがり」で、ものすごく「忘れっぽい」ので、出したもの、もって行ったものを元の場所に戻すのが苦手です。

出したものを置きっぱなしにして、次から次へと目に映ったものに手をかけてしまい、結局どれも片付かなかったり・・・。

しかし、「人生がときめく片付けの魔法」を読めば、考え方から、細かな片付け方、祭りの仕方(片づけの手順)まで、こんまりさんの実体験や具体例を交えながら、懇切丁寧に書いてくれています。

さっそく結論になりますが、本書に書いてある通りに片付けを実践していくと、本当に片付きます!

ポムヒロの片付けの方法は、本書から続いている方法も多いです。

この中でも私が試した中でもこれは良かった!という方法と効果のほどをお伝えしていきます。

ちなみにポムヒロのツマも、この本を読んだ結果、夜な夜な「祭り」が3度にわたって行われました(笑

こんな人におすすめ

・どうしても部屋が散らかってしまう

・片づけられない

・物が多すぎて困っている

この本を購入する>> 人生がときめく片づけの魔法

基本は触って感じること

この本の中で「片づけ」はもちろんですが、「ときめき」「触って」というキーワードがよくでてきます。

実際に見るだけでなく、触った時の自分の「心=ときめき」を感じることが大切といっています。

実践してみるとわかりますが、ただ見ているだけでは気が付かない心の動きも、いざ手に取ってみると、「あ、なんか捨てられない」「これは大切なものだ」という感情が湧いてくるから不思議です。

脳はいろんな情報をストックしてたりしますから、物という「視覚」の情報だけでなく、「触感」や「におい」からも「思い出」や「感情」という情報を引き出してくれるのかもしれませんね。



やって良かった!継続したい片付け方法

私が実際に本を読んでやってみた中でも、「これは良かった!」そして、「今も継続できている」方法をご紹介します。

殿堂入りの本は迷わず残すべし!

この片付け方法はかなり衝撃的でした。

一度本棚からすべての本を出します…。

正直めちゃくちゃ面倒くさかったのですが、やってみました。

「さっそくですが、本棚から一冊残らず本を出してください。すべて床に積んでいきます」

(中略)

一度本棚からすべての本を出すこの作業は、絶対に飛ばしてはいけません。

私は読書が好きな方で本棚には100冊以上の本はあったのではないでしょうか。「小説」はもちろん、「自己啓発」や「ノウハウ」、「資格」の本までさまざまでした。

その時々の気分や面白そう、という気持ちで買ってる本もあったので、結構ありましたね。

どんどん買うので本が増える一方、「いつか読むかも!」という気持ちで置いていた本たち。

この時ばかりは、量が量だっただけに、スッキリ・さっぱり判断して、バシバシきっていきましたね。

でもそのくらい勢いがあった方がいいのかもしれません。

心が研ぎ澄まされているので、触った瞬間に気持ちいいほど「殿堂入り」の本はよくわかります。

私の場合、迷った本はいったん横によけて、改めて再確認をして、「残すか」「捨てるか」を判断しました。

ストックは不要!今を生きるべし!

うちにあったストックで主だったものは、

  • コンビニなどでもらってきた「割りばし」
  • アイスなどの「プラスチックスプーン」
  • 「しょうゆ」「からし」「わさび」など

でした。

普段そんなに使わないのですが、なんとなく貯めてしまっているものたち。

ふとした時に使ったりはするので、なんとも捨てがたかったこれらの物ですが、バシッと捨てます!

これやると、めちゃくちゃキモチイイです!!

ごちゃごちゃと置く場所に迷いながら置いてあったので、これがなくなったとたんに、引き出しも冷蔵庫もスッキリ!

「ないと不便かな?」と思っての断舎利でしたが、その後も一向に不便さを感じなかったところをみると、やっぱりなくても良いものだったようです。

この日以来、私はできる限りストック品は持たないことにしました。

あらゆるものの定位置を決めるべし!

すべてのものに定位置が決まっていると、ばっちりきれいに過ごせます!

もちろん、毎度きちんと定位置に戻すという習慣も必要だと思いますが、置き場が決まっていると「どこに置こうかな?」という迷いがなくなるので、定位置にモノをきちんとと戻せるようになります。

慣れてない人は意識して片づける必要がありますが、格段に片づけやすいです。

ただし、新しく物を買ってきたタイミングは要注意です。

買ってきたタイミングで、新しい物の定位置を決めてあげましょう!

このタイミングでしっかりと新しく買ってきた物のの定位置を決めてあげないと、そこからぼろがでて、迷子の物たちがあちこちに散乱し始めます。

一事が万事。

なぜか一つ散らかり始めると、じわじわと周りまで浸食するかのように散らかり始めるんですよね。

「定位置に戻す習慣」と、「物を買ってきたタイミングでの位置決め」は合わせて取得・実践したいものです。

やってみたけどいまいちだった方法

以下の方法もすごくよかったです!でも、私には継続ができませんでした。

確かに良いのですが、「手間」と「不便」さを感じてしまったので、継続できずという感じでした。

ようするに面倒くさかったんですね。

それよりも「きれいが大事!」という方には、おススメの方法ですので、ご安心ください。

バッグの中を毎日空にすべし!

仕事や学校から帰ってきたらバッグの中身をすべて出して、バッグも元の場所に戻すという方法。

私はリュックで仕事に行っていたので、書類やら筆箱、スマホやモバイル充電器なども入れていました。

それをすべて元の場所に戻します。

確かにきちんと定位置におけるので、部屋が毎日リセットされていつもの場所に戻ります。

リュックも休まるので、痛みも緩やかになります。

、、、が、面倒くさい!

明日も明後日も同じものを持って出かけるのに、毎朝また一から用意するのはアホらしい!

1週間で挫折して、仕事セットは一式をリュックの中に詰め、「リュック=仕事セット一式」という形としました。

これはこれでありなのかなと思います。

「一式」という形にしておけば、その一式を戻す定位置さえ決めてあげればOKです。

浴槽とシンクには何も置かない!

水回りは汚れがたまりやすいです。

流れきらなかった洗剤の残りかすが、椅子や洗面器、棚に置いたシャンプーやリンスの容器にたまりがちです。

それを解消する方法ということで、こんまりさんは「浴槽とシンクには何も置かない」という方法をとっています。

シャンプーも、リンスも風呂に入るときに風呂場に持って行き、出るときには容器を拭いて出てくる。

こんまりさんめちゃくちゃ徹底して「汚れない」そして「片付く」合理的な方法を実践してます。

非常に合理的です。

汚れません。

ただし、浴槽とシンクに何も置かないという方法も、面倒くさすぎる!!

大人用のシャンプーにリンス、ボディーソープ、子ども用シャンプー、洗顔、おけ、バスマットなどなど。

風呂のたびに、この大量の諸々を風呂場に入れて、出してなんてやり切れません。

この方法は一人暮らしやルールを共有できる二人暮らしの方、お子さんが大きくなってルールを守ってくれる年齢だったら良いと思います。

ちびっ子が二人もいるおうちには向きません。

衣服を集中的に片付ける『祭り』!

この「祭り」は、勢いよく短期間で終わらせる片づけ作業のこと。

気持ちが乗って、わっしょいわっしょいと仕分けしていく作業はまさに「祭り」です。

これも片っ端からやりました。でもポムヒロはそんなに大変じゃありませんでした。

必要もそれほどありませんでした。

 

なにせそもそも衣服が少ない。。。

 

こんまりさんスイマセン。

 

しかし、学生のころからの衣服やバック、小物などたくさん抱えに抱えていたツマには、効果テキメンでした!

なかなか捨てられない性質だったので、なおさらです。

私が「人生がときめく 片づけの魔法」を読んで、実践している様子を見ていたので、ツマも興味が湧いたようで、本を渡すと「私もやってみようかな」というのです。

結果、ツマは三日間にわたり洋服ダンスをひっくり返し、「ときめき」を確認し、袋いっぱいの衣服の山を処分するにいたりました。

処分されていく衣服たちにも、しっかり「ご苦労様」の言葉をかけて

それはまさに『祭り』でした。

本人はなんだか楽しんでやっていましたからね!

まとめ

男性の方はもちろん役に立ちますが、女性の方には、より心に響いて実践しやすい方法なのかなと思いました。

特に洋服なんかは女性の方がたくさん持っていますから、「片づけられない」悩みも多いのではないでしょうか?

超実践的な本なので、ぜひ「片づけられない悩みをお持ちの方」「部屋をきれいに保ちたい方」は一読することをおススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください