1日をほんのちょっと楽しく、快適にさせるライフブログ

物忘れの激しい人はToDoistがおすすめ

この記事では、タスク漏れを無くすために一役買ってくれるアプリ「todoist」と物忘れをしないための方法をご紹介をします。

仕事に忙殺されている人、そもそも忘れっぽい人など、忘れないようにと思って注意しているにも関わらず「うっかり抜けて」しまうことってありますよね。しかもそれが大切なクライアントとの約束だったりしては、大事です。積み重ねた信頼も崩れるのは一瞬。信頼を取り戻すのに、時間も労力も掛かってしまいます。

私も非常に「忘れっぽい」上に、「うっかり」な人で、本当によくよく気を付けているのですが、ともすれば、すれすれで何とか思い出して事なきを得たなんてこともザラでした。
これはマズイ!と思ってたどり着いたのが「todoist」にとにかく書き出すという方法でした。

この方法を実践してから、私の物忘れが9割ほど抑えられました。
物忘れの激しいあなた!物忘れの不安から解き放たれて安心と晴れやかな心で毎日過ごしてみませんか!

タスク漏れを無くすコツは、とにかく忘れる前にすぐにメモること!

仕事に忙殺されているにせよ、物忘れが激しいにせよ、いずれにしてもまず、「忘れる前に、何かに書き出す」ことが大切です!

ノート、手帳、付箋、スマホなんでもいいです。

  • やる気が出ないなら、お気に入りのメモ帳を買う。
  • 1つでまとめるのが無理なら、ノートでもなんでも、いろんなものに書く。
  • 手元に紙がなければチラシでも、手のひらでも、なんでもいいから書く。
  • どうしても書けなければボイスメモでもする。
  • メモアプリがなければ、メールの下書きでもいいから書く。
  • 忘れることがないように、逐一メモをとる。
  • 忘れかけたら単語でもキーワードでもいいから思い出したことを書く。
  • 直接todoistに書き込む。
  • 打ち合わせは常に議事録を作成する。

など、まずは脳みそから外に出して、復唱できる形にしておかないと、話になりません。
忘れた時点でオジャンです。思い出すのを待つしかありません。

特に忙しい人は、仕事中膨大な情報を処理しているから、優先度の低い情報は漏れがちになります。
書き出すことで、脳から余計な情報を吐き出せるので、脳にかかる負荷も軽減できます。
アウトプットすることで、情報も整理しやすくなります。

大事なことなので2度言います。

忘れる前に、何かに書き出す!

これを徹底しましょう。

メモを紛失する前に、メモった情報をTodoistにまとめる

とにかく脳からアウトプットしたら、メモを紛失する前にtodoistに書留めましょう。

あちこちに情報がちらばっていると、「どこに書いたんだっけ?」「あのメモどこ行った?」という状況が発生します。 これが起きると非常にメンドクサイです。

時間を取られるうえに、思い出すのが困難になるからです。

なまじ書き出しただけに、脳みそもスッキリ!なかなか思い出せないんですよね。。。

 

タスク管理、メモ管理はtodoistがお勧め

私がtodoistをお勧めする理由はとにかく、使い方がシンプルだからです。

直感的に操作しやすく、使い勝手が非常に良いです。

chromeのプラグインやGoogleカレンダーにも対応しているので、互換性も抜群です!

以下にtodoistについてご紹介しますので、ぜひ使ってみてください!

 

使い方は簡単!とにかく書いて、完了したら消すだけ!

todoistはシンプルな作りを徹底してます。

  • とにかく書いてメモる
  • 完了したらチェックして消す

これだけです。
他にもプロジェクトを作ったり、他のメンバーと情報を共有したりと、いろいろな使い方ができますが、始めのうちはこれだけで十分です。
todoistはタスク管理やメモだけで使っても十分に活躍します。

 

GoogleChromeのプラグインにも対応!すぐにメモれる!

 

GoogleChromeならプラグインを追加することで、簡単にメモを追加ことが可能です!

プラグインを追加し、アイコンをクリック。「+」のマークをクリックすると、メモを入力することができます。

いちいちtodoistのページにログインする必要がないので、素早くメモをとることができ、参考にしたいサイトURLやブログ記事もすぐにメモできます。

 

ブラウザのプラグインの追加はこちらから>

Chrome / Safari / Firefox

 

右クリックでもメモを追加できるようにもなりました。

ブラウザ上で右クリックをすると「Add to Todoist」が出てきます。

クリックすると自動でtodoistにメモが追加されます。

 

ブラウザのプラグインの追加はこちらから>

Chrome / Safari / Firefox

 

スマホアプリでもすぐにメモれる!

PCがない、メモ帳がないときでも、スマホアプリを入れておけばOKです。
すぐに起動して、キーワードだけでもサクッとメモしておきましょう。

todoistのアプリDLはこちらから>

iphone&ipad / Android

 

その他のtodoist追加はこちら>

ダウンロード

完了タスク数が数字に表れるので、不思議な達成感がある

タスクが完了すると、生産性を評価してくれます。数値で表示されることで、なんとなくいい気分になってくるから不思議です。

 

Googleカレンダーにも対応で、タスク忘れもなくなる!

Googleカレンダーとリンク設定をすることで、todoistに入力したタスクをGoogleカレンダーに反映させることができるようになりました。

ただし、すべてのリストが反映してしまうので、使い方には気を付ける必要があります。

 

evernoteとリンクで、効率アップ!

evernoteとの共有で、todoistとevernoteを行き来できるようになりました。
詳しい設定の仕方は、Lifehacking.jpの(TodoistとEvernoteでつくるフリースタイルな仕事環境)記事を参考に。

メモしたことを忘れないために

物忘れが激しいあなたはきっと、メモしたことを忘れるという、とてつもない暴挙を犯したこともあるでしょう。
そんなことにならないためにも、忘れないための仕組みづくりと習慣化によって、そのリスクを減らしていくことができます。

メモを一か所に集約する

todoistが一番のおススメですが、使い慣れたtodoリストやアプリ、ノートがあると思います。
自分で一番やりやすい形で仕組みづくりをし、とにかく書き出したメモは一つに集約する。
これを徹底しましょう。

todoistを使ってみようという方は以下の方法を駆使して、常にメモを集約できる仕組みを作りましょう。

  • PCのブラウザにtodoistのプラグインを追加する
  • スマホにtodoistのアプリをインストールする

すぐに目に触れて確認できる環境を作ることで、すぐにメモを取ることができますし、確認も目が行きやすくなります。

毎日、確認する習慣を作る

自分のやり方でノートや手帳を使って管理する場合、todoistを使う場合でも、メールやスケジュールの確認などと同じように、毎日確認する習慣をつけましょう。

todoistで管理する場合、お気に入りに登録し毎朝確認するように習慣づけしましょう!

 

まとめ

今回は タスク漏れを無くすために一役買ってくれるアプリ「todoist」と物忘れをしないための方法をご紹介しました。
ポイントは以下の3つでしたよね。

  • とにかく何かに書き出す
  • 一か所に集約する
  • 毎日、確認する習慣を作る

お勧めのアプリ「todoist」を駆使しながら、Todoistの理念「Get Things Done(ストレスフリーにやるべきことをこなして、もっと充実した毎日を過ごす)」を実践してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください