人生はいつもワイワイキャンプ!人生を120%生きるスナフキン的なライフメイクブログ

ロードバイク

ロードバイクで通勤に使いたいレインウェア

投稿日:2017年11月17日 更新日:

突然の雨や予期せぬ雨にびしょぬれになった方も多いのではないでしょうか?雨天に備えてそろえるものも意外とありますが、今回はレインウェア選びのポイントと、私が調査し、良いと思った自転車用のレインウェアをランキング形式でご紹介します。

基本的にロードバイクは雨の日に走ることを目的としていないので、ジャケットのみの販売も多いです。最近は弱虫ペダルの効果もあって、ロードバイク人口が増え、通勤でロードを乗る方も増えたためかレインウェアのズボンの種類も増えて来たように感じますが、どうしてもズボンは少なくなりがちです。金額感や機能の都合のつく商品がないようだったら、意外と近所の自転車ショップにいってみるとちょうど良いものが見つかったりもするので、ネットだけでなく、リアル店舗も見てみると良いと思います。

ロードバイク通勤時のレインウェア選びのポイント

ロードバイク通勤時に考えたいことは以下の4つです。他のサイトでは雨がしみてこないか水圧に耐えられるかなど書いてあるところもありますが、それはそれでよいとは思うのですが、そこは雨を凌ぐためのカッパとしては最低限必要な基本機能じゃない?と思いますので、そこは考慮していません。以下参考までに。

1.フード付きであること(取り外しができるとなおよい)

2.持ち運びにがさばらないこと(軽量、小さくなる)

3.快適であること(機能、性能)

4.値段とのバランス(上下別での販売が多いので)

 

1.フード付きであること(取り外しができるとなおよい)

パールイズミなどでもレインジャケットはあるのですが、レースに特化した商品が多いため、フードがありません。軽量でコンパクトなのはよいのですが、ヘルメット用のカバーを別途購入する必要があります。そうすると物が増えてしまうので、ロード通勤のサラリーマンとしてはできるだけ物の数を減らしたいところ。ですので、フード付きがお勧めです。小降りになったらフードをうしろにやればより快適に走れます。

2.持ち運びにがさばらないこと(軽量、小さくなる)

雨が降らなければ基本カッパは必要ありません。しかし一番困るのは、会社へ向かうときは降っていなかったのに帰りに降ってくるとき。そして、走行中に降ってきてしまったときです。そうなると、できるだけカッパも常備しておきたいところ。とはいえ荷物はできるだけ減らしたいところではあるので、カッパを常備しつつ、邪魔にならない程度にコンパクトになることが重要なポイント。軽ければなおよしです。

私はママチャリで使うような普通のカッパを利用していたのですが、普通のカッパだとがさばり過ぎてしまうため、リュックの半分は常にカッパが占めている状態で非常に邪魔でした。小さくなるに越したことはありません。何よりコンパクトにしまえるということは、使用後にしまうときも手軽に片づけられるので、それも魅力の一つです。

3.快適であること(機能、性能)

雨を防げればよいけれど、できれば快適に走行したいですよね。どうしても機能、性能をけちると汗の水蒸気によるムレとの戦いになります。仕事帰りならよいですが、スーツをきたサラリーマンや特に営業さんなどは出勤時に汗をかくのはできるだけ控えたいもの。脇や背中ににジッパーがあり風を通せるもの、汗の水蒸気を逃がしてくれるものがおすすめです。

欲を言えば袖口が長めだったり、ストレッチ素材だったりで動きやすいとよいですよね。私としては冬の雨で、手袋とカッパの隙間が空いてしまって濡れて冷たいというのが、非常に嫌だったので、結構大事なポイントです(笑)

4.値段とのバランス(上下別での販売が多いので)

通勤用で常に使うわけではないので、値段とのバランスで選ぶとよいと思います。特にロードの場合、レインウェアの上下セットでの販売はあまり一般的ではありません。(あるにはありますが。。。)ジャケットのほかにズボンも買う必要がありますし、他にもグローブやシューズカバーもそろえたいところです。雨の日はいろいろと入り用です。必要な雨の日セットを検討してから予算を決めて購入しましょう。

 

ロードバイクおすすめレインウェアランキング

第1位 モンベル サイクル レインジャケット

おススメ度:★★★★★

価格:★☆☆☆☆ 23,000円+税 機能:★★★★★ コスパ:★★☆☆☆

いわずとしれた登山グッズのメーカーであるモンベルの自転車用レインウェアです。前傾姿勢で走るロードバイクやクロスバイクでも背中が濡れないように裾が長くなっており、自転車専用で作ったことがうかがえます。特徴はやはりゴアテックス。雨の水滴は通さずに汗の水蒸気だけを外に逃がすことで、自転車走行中もカッパの中に湿度をためず快適に走ることができます。他にも盛りだくさんの機能が嬉しいです。

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130409

 

第2位 モンベル スーパーストレッチ サイクル レインジャケット

おススメ度:★★★★☆

価格:★★☆☆☆ 13,143円+税 機能:★★★★☆ コスパ:★★★☆☆

上記モデルの一つ前のモデル。カッパなのにストレッチ素材であることもポイントです!止まるたびに自転車から降りたり、足をついて背筋や肘を伸ばしたり曲げたりする動作があるので、ストレッチがはいることで、かなり快適に動けます。多少ムレはあるもののカッパの機能としては十分ではないでしょうか?

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130271

第3位 PEARL IZUMI/パールイズミ 2355:レーシング レインジャケット

おススメ度:★★★☆☆

価格:★★★☆☆ 11,664円(税込) 機能:★★★☆☆ コスパ:★★★★☆

自転車専用のレインジャケットとしては良いのではないでしょうか?ただし、走るに特化したシルエットになっているので、ゆったりとした服を着たりスーツを着ての出勤にはあまり向かないかもしれません。

第4位 Morethan/モーゼン サイクル レインジャケット 軽量 防風 透湿 防水 バックポケット付き RVP-001

おススメ度:★★☆☆☆

価格:★★★★☆ 2,980円 機能:★★★☆☆ コスパ:★★★★☆

コスパを重視される方はこちらでもよいかもしれません。一応自転車に乗ることにも配慮されおり、脇下や背中からの水蒸気を逃がす構造を取り入れています。軽量、コンパクトになるという点では他のカッパとも相違なさそうですし、バックポケットがついているというのもポイントの一つです。

アマゾンより購入できます。

Morethanサイクルレインウェア >

 

【参考】

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06WRRBV36/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&th=1&linkCode=sl1&tag=kaigoya06-22&linkId=01ac43c118210c479f13339fb37de23c

第5位 ROCKBROS/ロックブロス サイクリング レインコート上下セット ウィンドブレーカー 縫い目とファスナーまで防水 通気 収納袋付き

おススメ度:★★★☆☆

価格:★★★★★ 4,063 円 機能:★☆☆☆☆ コスパ:★★★★★

コスパで選ぶなら断トツ一番ではないでしょうか。形的にもそれほどばたつきもなく走れそうです。問題はフードがヘルメットをカバーできない点でしょうか。カッパのフードをかぶった上にヘルメットをかぶる必要があるので、首元への雨の侵入が懸念されます。ただし上下セットでこの値段でロードでも乗れそうなレインウェアはあまりないので、とりあえず値段重視という方はコチラがおすすめです。

https://item.rakuten.co.jp/rockbros/100001079/

 

広告




広告




-ロードバイク
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨が降った時の自転車のメンテナンス方法

普段天気が良い日にしか乗らない人も突然の大雨に降られてしまったり、通勤で雨天時も走行しなければならないこともありますよね。雨天走行後は泥はねや砂の巻き上げなどで、自転車が汚れてしまいます。そのまま放っ …

【賃貸でもOK】アパート、マンションでおすすめの自転車収納方法5選!

賃貸物件のアパートやマンションだと、原状復帰が原則となり自転車の置き方に困ってしまいますよね? せっかく買ったお気に入りの自転車。せっかくならオシャレに飾りたいですよね! 今回は賃貸でもオシャレに飾れ …

通勤専用タイヤ ツーキニストの使用レビュー

ロードバイク通勤にあたって、通勤途中のパンクの不安解消と乗り心地改善のため、通勤といえばツーキニストと呼ばれる(笑)タイヤのツーキニスト化を図ることにしました。今回はツーキニストのレビューについてお伝 …

no image

趣味のロードバイクを、通勤でもトレーニングとして利用したい!考えておくべきことと、雨天時に必要なものまとめ

趣味のロードバイクを、通勤でもトレーニングとして利用したいっていう人は意外と多いはず。晴天時の通勤は問題ないですが、突然の雨や、行き帰り時に天候の差があると困ってしまいますよね。 また、ロードバイクは …

年末に行いたい室内で出来る自転車の簡単メンテナンス

普段なかなかメンテナンスのできない自転車もせっかくなら、年越し前に今年の汚れを綺麗に落として、新年から気持ちよく乗れるようにしたいですよね。今回はそんな年末に行いたいロードバイクのメンテナンスについて …

記事をかいてるひと

子どもと家族と友達と自然をこよなく愛す1児の子持ちのお父ちゃん。マイペースに自分らしい生き方を少しずつ実践中。
>>> プロフィールはコチラ