簡単!一瞬でできるGoogleAnalyticsから自分のIPアドレスを除外する方法

サイト訪問者数より特定のPCやデバイスを除外する方法をお伝えします。

グーグルアナリティクスより、自分のアクセスを除外することで、確認のために自分のサイトを訪問した際などに、自分のアクセス情報がカウントされないので、正確な数値を取得することが可能です。

超簡単な方法ですので、ぜひお試しください!

 

手順1)自分のIPアドレスを確認する

CMAN(https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi)というサイトより、すぐに自分のIPアドレスが確認できます。ここで、自分のIPアドレスをコピーなどして、メモしておきます。

※IPアドレスは端末やアクセスする場所によって異なるので、除外する端末ごとに設定が必要です。

 

手順2)GoogleAnalyticsの設定により、自分のIPアドレスを除外する

手順1)で取得したIPアドレスを除外設定します。複数のデバイスのアクセスを除外したい場合には、同じ操作を繰り返してください。

①GoogleAnalyticsの管理画面、右下の「設定」ボタンをクリックします。

 

②画面右側のビュー>「フィルタ」をクリックします。

 

③「フィルタを追加」ボタンをクリックします。

 

④フィルタする情報を入力します。

1)除外するフィルタの名前を入力

2)カスタムを選択

3)IPアドレスを選択

4)除外するIPアドレスを入力

 

⑤フィルタ情報が入力されていれば、完了です。

 

おすすめ記事>>WordPressの記事をバックアップする方法

 

まとめ

いかがだったでしょうか?除外方法はいくつかやり方がありますが、とにもかくにも手間をかけずに簡単にできればそれでいい!って方には早いやり方です。ぜひお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください